Blog

IMG_0938

美味しい料理の基本は、水ですよね?京都の漬物や豆腐の美味しいお店は水にこだわっています。

料理家の方々も素材を選ぶように水も選んでいるようです。

水で料理の味が変わると言われるほど重要な役割を持つお水。

家庭で天然水を使えば贅沢ですが、美味しくて健康的な料理ができます。

 

お米の炊き方を紹介

(天然水のダンボールに「天然水レシピ」が入っています。天然水レシピを参照)

 

お米を炊くときは、最初の洗米時と最後に水を加えるときの2回「天然水」を使用します。

 

お米は乾燥しているので、最初に加えた水を素早く吸水します。そのため、洗米時に天然水を使うことで、米にたっぷりと給水させることができます。

また、洗米後は冷水の天然水を加えます。ツヤがあり、ふっくらとした炊きあがりになります。

 

天然水で炊いたお米は、ミネラル成分が含まれているため、おいしくて健康的。

 

一度天然水でお米を炊くとやみつきになるほどです。

両親もずっと「日田の誉」でお米を炊いています。

2人家族で「4本消費/月」。お米を炊いているから、お水の消費量も増えているようです。

でも、美味しいお米を食べたいからお水の消費量は絶対減らせない!と言ってました。

 

美味しい食事は、美味しい水からなんでしょうね。

 

 kochiraコスモウォーターキャンペーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加